NI-FS780とNI-FS580の違いを比較!おすすめはどっち?パナソニック衣類スチーマーの口コミ・評価

NI-FS780とNI-FS580の違いを比較!おすすめはどっち?パナソニック衣類スチーマーの口コミ・評価



パナソニックの衣類スチーマー「NI-FS780」と「NI-FS580」の違いを比較してまとめました。

結論としては、違いは以下の7つです。

(クリックで詳しい説明に移動できます)

  1. NI-FS780の方がタンクの容量が多い
  2. NI-FS780の方がスチーム持続時間が長い
  3. NI-FS780の方がスチーム量が強い
  4. NI-FS780は温度調節機能がある
  5. NI-FS580の方が10グラム軽い
  6. 色展開が違う
  7. NI-FS580の方が安い

どのような違いがあるのかを比較した上で、どちらがおすすめなのか、タイプ別に紹介します。

また、口コミ・評判についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください♪

機能充実のNI-FS780【アイボリー】

機能充実のNI-FS780【カームグレー】

お手頃価格のNI-FS580【ベージュ】

お手頃価格のNI-FS580【グレイッシュネイビー】

タップできる目次

NI-FS780とNI-FS580の違い

NI-FS780とNI-FS580の違いは、次の7つです。

NI-FS780とNI-FS580の違い①タンクの容量

NI-FS780NI-FS580
タンク容量115ml約50ml

スチームを出すための水を入れるタンクの容量は、NI-FS780が約115ml、NI-FS580が約50mlです。

タンク容量に2倍以上の差がありますね!

NI-FS780とNI-FS580の違い②スチーム持続時間

NI-FS780NI-FS580
スチーム持続時間連続約10連続約4分

スチーム持続時間(連続)はNI-FS780が約10分、NI-FS580は約4分です。

2.5倍の差がありますね!

NI-FS780とNI-FS580の違い③スチーム量・スチームモード

NI-FS780NI-FS580
スチーム最大 約14g/分
平均 約11g/分
(360°スチーム噴射)
最大 約13g/分
平均 約11g/分
(360°スチーム噴射)
スチームモード連続パワフル&ワイドスチーム/
瞬間4倍パワフルスチーム
連続パワフル&ワイドスチーム/
瞬間3倍パワフルスチーム

スチームを瞬間的にブーストする「瞬間パワフルスチーム」のスチーム量は、NI-FS780がパワフルスチームの約4倍、NI-FS580が約3倍です。

スチームの性能が異なる分、スチームを当てることによる脱臭・除菌効果もNI-FS780の方が期待できます。

NI-FS780とNI-FS580の違い④温度調節機能の有無

NI-FS780NI-FS580
温度調節機能最大3段階
(高・中・低)
なし
※ドライアイロンとして使用する場合(衣類スチーマーとして使用する場合は、高・中の2段階)

NI-FS780は3段階(衣類スチーマーとして使う時は2段階)の温度調節ができます。

NI-FS580は、温度調節ができません。

温度調節機能がないと、衣類とスチーマーの距離などで調節しなければならず、ドライアイロンとして使う時も、洗濯表示で「低温」と指示されている衣類やウールには使えません。

温度調節機能があればデリケートな衣類のお手入れが楽になりますね。

NI-FS780とNI-FS580の違い⑤重さとサイズ

NI-FS780NI-FS580
幅×長さ×高さ約8×16.5×13センチ7×15×15センチ
幅×長さ×高さ
(スタンド収納時)
約9×17.5×15センチ約9×17×16.5センチ
重さ約690グラム680グラム

NI-FS780の方がNI-FS580より高さが抑えられて、アイロン面(幅×長さ)が大きいです。

重さは、NI-FS780の方が10グラム重いですね。

ただ、わずかな差なので、使い勝手にはほとんど影響しないでしょう。

NI-FS780とNI-FS580の違い⑥本体カラー

NI-FS780のカラーは「アイボリー」「カームグレー」の2色。

NI-FS580は「ベージュ」「グレイッシュネイビー」の2色です。

NI-FS780とNI-FS580の違い⑦価格

NI-FS780NI-FS580
価格14,000円〜12,000円〜

NI-FS580の方が安くなっています(2022年2月時点)。

価格は変動しますので、最新の価格情報をチェックしてみてくださいね。

機能充実のNI-FS780

お手頃価格のNI-FS580

NI-FS780とNI-FS580の共通機能

NI-FS780とNI-FS580で共通する機能は以下のとおりです。

NI-FS780とNI-FS580の共通機能①ハンドルが抗菌化されている

画像引用元:Panasonic公式サイト

NI-FS780もNI-FS580も、ハンドルが抗菌加工されています。

よく触れる部分も清潔に保てるよう配慮されているので、気持ちよく使えますね♪

NI-FS780とNI-FS580の共通機②約19秒で素早く立ち上がる

画像引用元:Panasonic公式サイト

スイッチを入れてから使えるようになるまでの時間は、どちらも約19秒とスピーディーです。

出かける前に急いでケアしたい時など、慌ただしい場面でも活躍しますね♪

NI-FS780とNI-FS580の共通機能③360°どんな向きでもスチーム噴射

画像引用元:Panasonic公式サイト

どちらの機種も、360°どんな向きでも安定してスチームが出るように設計されています。

長い服の裾も、細かい部分も、広い面も、立ったままで自在にお手入れできます。

NI-FS780とNI-FS580はどっちがおすすめ?あなたのタイプ別に紹介します

NI-FS780とNI-FS580との比較を踏まえて、タイプ別にどちらがおすすめかまとめてみます。

迷った時の参考にしてくださいね。

NI-FS780がおすすめの方

  • 機能が充実している方がいい
  • 一度にまとめてたくさんの衣類をケアしたい
  • ドライアイロンとしても便利に使いたい・デリケートな衣類のケアにこだわりたい
  • 瞬間パワフルスチームによる脱臭・除菌効果を重視

頑固なシワや匂いの付いた衣類をケアすることが多いなら、強いスチームが出るNI-FS780の方がおすすめです。

機能充実のNI-FS780【アイボリー】

機能充実のNI-FS780【カームグレー】

NI-FS580がおすすめの方

  • 価格が安い方がいい
  • 1回にケアする衣類は少ない(1人分が目安)
  • ドライアイロンとしては高・中温に対応できればOK
  • 瞬間パワフルスチームはパワフルスチームの3倍で十分

ややNI-FS780に劣る面はあるものの、十分優れた機能を備えています。

費用を抑えたいなら、価格が安いNI-FS580がおすすめです。

お手頃価格のNI-FS580【ベージュ】

お手頃価格のNI-FS580【グレイッシュネイビー】

NI-FS780とNI-FS580の口コミ評判

NI-FS780・580はまだ販売前なので、旧モデルのNI-FS770・570の口コミを紹介します。

旧モデルとの違いは重さとハンドルくらいなので、十分参考になると思います。

NI-FS770(NI-FS780の旧モデル)の口コミ評判

かなり軽くてコンパクトなのにスチームがパワフルでびっくり。
手軽に使えて助かる。
スカートのしわが目立たなくなり、しわ伸ばし効果にも満足している。

シンプルなデザインでサイズ感もよい。
立ち上がりの待ち時間もほとんど気にならないし、コードレスでなくても使いやすい。
一度着た服も、クリーニング後のような気持のよい仕立てになって感動した。

コードレスではなく、巻取り式でもないので、使わないときにコードが邪魔だし見た目も悪い。
本体はシンプルで出しっぱなしでも格好いいだけに残念。
ドライアイロンとして使うには軽さとコンパクトさが仇になるけれど、衣類スチーマーとしては使いやすい。
不満はあるが、今ある製品の中では一番いいと思う。

スチーム性能はトップレベル!
連続スチームでも十分だが、瞬間パワフルスチームはさらに強力で、頑固なしわやにおいにも効果てきめん。
スチームが広がりやすいようにスチーム穴が配置されているから、広い面にもかけやすい。
立ち上がりが早く、どんな向きでも安定して使えるので、とっても楽。

NI-FS780の値段を見てみる

NI-FS570NI-FS580の旧モデル)の口コミ評判

NI-FS770よりタンク容量は少ないけれど、ブラウス一枚くらいならこれで十分。
パワフルスチーム3倍でもほとんどのしわが取れる。
ドライアイロンをかけにくい衣類のケアもできるのが嬉しい。

コンパクトで軽くて使いやすい。消臭効果には満足したし、しわも綺麗にとれる。
ただ、すその折りジワなどはスチームでは取れないので、普通のアイロンを使った方がいいかもしれない。

他の機種では40秒くらい待つが、これは19秒で使えるから焦らずに済む。
薄手の衣類や面積の小さい部分に使うつもりなので、NI-FS770ではなくこちらで十分だった。
でもコードレスに慣れた人だと、コードがわずらわしく感じるかも。

使いやすく、デザインもお洒落。
ワイシャツやスラックスに使っているが、引っ張りながらスチームを当てればしわが目立たなくなり、おおむね満足している。
ただ、1回の注水でスラックス2枚+ワイシャツ1枚が限度。
スチームの量も意外に少なく感じたので、タンク容量はもう少し欲しい。

どんな向きにしてもパワフルなスチームが出て、水がたれてくることもなし。
立ち上がりが早くて、朝にしわを見つけた時やアイロンがけを忘れていたと気づいた時など重宝している。

NI-FS580の値段を見てみる

まとめ:NI-FS780とNI-FS580の違いを比較!おすすめはどっち?パナソニック衣類スチーマーの口コミ・評価

スチームの量・パワーを重視する ⇒ NI-FS780

温度調節機能がほしい ⇒ NI-FS780

価格が安いほうがいい ⇒ NI-FS580

NI-FS780とNI-FS580の違いは ①タンク容量 ②スチーム持続時間 ③スチーム量・スチームモード ④温度調節機能の有無 ⑤ 重さとサイズ ⑥カラー ⑦価格 の7つです。

一度にまとめてたくさんの衣類をケアしたい人、デリケートな衣類のケアにこだわりたい人は、NI-FS780がおすすめ。

安いほうがいい人や、1回にケアする衣類は少ない人は、NI-FS580がおすすめです。

機能充実のNI-FS780【アイボリー】

機能充実のNI-FS780【カームグレー】

お手頃価格のNI-FS580【ベージュ】

お手頃価格のNI-FS580【グレイッシュネイビー】






タップできる目次