NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!おすすめはどっち?パナソニック衣類スチーマー

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!おすすめはどっち?パナソニック衣類スチーマー



パナソニックの衣類スチーマー「NI-FS780」と「NI-FS770」の違いを比較してまとめました。

NI-FS780は2022年3月発売、NI-FS770は2021年5月発売のモデルです。

NI-FS780とNI-FS770の違いは、以下の4つです。

  1. NI-FS780(新型)の方が15グラム軽い
  2. NI-FS780(新型)には抗菌ハンドルがある
  3. 色展開が違う
  4. NI-FS770(型落ち)の方が安い

2022年3月発売のNI-FS780がおすすめなのは、こんな方です。

NI-FS780がおすすめな方
  • 少しでも軽くて、負担が少ない方がいい
  • 抗菌ハンドルで清潔に使いたい
  • NI-FS780のカラーが好き
  • 新商品が好き

▼抗菌ハンドルがついた、軽くて使いやすいNI-FS780はこちら▼

一方、2021年発売のNI-FS770がおすすめなのは、こんな方です。

NI-FS770がおすすめな方
  • 価格が安い方が良い
  • 新商品じゃなくても良い
  • NI-FS770のカラーが好き

▼機能はほとんど同じ!安さ重視のNI-FS780はこちら▼

タップできる目次

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較

NI-FS780とNI-FS770の違いは、次の4つです。

NI-FS780とNI-FS770の違い①重さ

画像引用元:Panasonic公式サイト

NI-FS770は約705グラム、NI-FS780は約690グラムです。

NI-FS780は、全体のサイズやタンク容量は変わらず、約15グラム軽くなりました。

わずか15グラムとはいえ、軽い方がありがたいですよね。

これにより、衣服をハンガーにかけたまま使用する際の腕への負担が軽減され、元々の低重心構造とあわせて、より使いやすさが向上しました。
※本体の高さを抑えることで、持ち手と重心の位置を近づけた構造

NI-FS780とNI-FS770の違い②抗菌ハンドルの有無

画像引用元:Panasonic公式サイト

NI-FS780は、ハンドルが「抗菌ハンドル」になっています。

家の中で使用する機会が多いといっても、よく触れるハンドル部分の衛生面は気になるもの。

ハンドルの基となる素材(樹脂)に抗菌剤を練り込み、塗装部品の塗装には抗菌剤を添加するなど、清潔性への配慮を十分に施し、従来のハンドルから「抗菌ハンドル」へとチェンジしました。

NI-FS780とNI-FS770の違い③カラーバリエーション

NI-FS780とNI-FS770の色の違い

NI-FS780(新型)は「アイボリー」「カームグレー」の2色。

NI-FS770(型落ち)は「ベージュ」「ダークグレー」の2色展開です。

新型のNI-FS780はくすみカラーなので、温かみを感じやすいですし、オシャレに見えますね♪

NI-FS780とNI-FS770の違い④価格

型番価格
NI-FS78014,000円〜
NI-FS7709,300円〜
2022年1月時点の価格

NI-FS770の方が安くなっています(2022年1月時点)。

価格は変動しますので、最新の価格情報をチェックしてみてくださいね。

NI-FS780(2022年モデル)

NI-FS770(2021年モデル)

NI-FS780とNI-FS770はどっちがおすすめ?あなたのタイプ別に紹介します

それぞれの違いと共通の機能を知って、どちらを選べばよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

あなたのタイプ別に、どちらがおすすめか紹介しますね!

NI-FS780(2022年モデル)がおすすめなのはこんな方

  • 少しでも軽いほうがいい
  • 抗菌ハンドルに魅力を感じる
  • くすんだ色が好き

NI-FS780は、NI-FS770よりも15グラム軽くなりました。

わずか15グラムとはいえ、衣類をハンガーにかけた状態で使うなら、少しでも軽い方がいいですよね。

衛生面が気になる方には、抗菌ハンドルのあるNI-FS780がおすすめ。

NI-FS770から色合いがすごく変わった!というほどではないですが、NI-FS780はくすみカラーでオシャレです♪

▼抗菌ハンドルがついた、軽くて使いやすいNI-FS780はこちら▼

NI-FS780【アイボリー】

NI-FS780【カームグレー】

NI-FS770(2021年モデル)がおすすめなのはこんな方

  • 価格が安いほうがいい
  • 使用するのは自分だけ
  • アイロンのようにプレスして使う
  • モノトーンが好き

少しでも安く購入したいならNI-FS770がおすすめです。

型落ちとはいえ、「軽量化」と「抗菌ハンドル」以外は変わりません。

使用するのは自分だけという方は、ハンドルの抗菌機能がないNI-FS770でもいいでしょう。

衣類をハンガーにかけたまま使用するよりも、アイロンのようにプレスして使う機会が多い方は、15グラムの軽量化にそれほど大きな差を感じない可能性が高いです。

NI-FS770はモノトーンカラーなので、キリッとしたイメージの方におすすめです。

▼機能はほとんど同じ!安さ重視のNI-FS780はこちら▼

NI-FS770【ベージュ】

NI-FS770【ダークグレー】

NI-FS780とNI-FS770の共通機能

今まで好評だった機能がそのまま搭載されているのも、新型NI-FS780の強みのひとつです。

NI-FS780とNI-FS770に共通する機能は以下のとおりです。

NI-FS780とNI-FS770の共通機能① 瞬間4倍パワフルスチーム

画像引用元:Panasonic公式サイト

通常のパワフルスチームの約4倍量を瞬間的に噴射することで、衣類の頑固なシワを伸ばすことや除菌・脱臭効果にも期待ができる大人気の機能です。

特に、生活に身近な7種類のにおい(タバコ臭・ペット臭・防虫剤臭・加齢臭・飲食臭・生渇き臭・汗臭)に効果があるとされています。

NI-FS780とNI-FS770の共通機能②立ち上がりの速さ

画像引用元:Panasonic公式サイト

スイッチを押してから立ち上がりまで、たったの約19秒!

115mlの大容量タンクでスチームが約10分間持続するので、途中で給水をする手間がなく、忙しい時にもさくっと使用できるのが魅力です。

出掛ける直前に衣服のシワに気付いた時でも、すぐに対処できちゃいます。

NI-FS780とNI-FS770の共通機能③ 360度パワフルスチーム

画像引用元:Panasonic公式サイト

ハンガーにかけた衣類に対して製品を並行に向けた際、上向き・下向き・横向きのどの角度でも360度安定してスチームが噴射できる機能です。

姿勢や角度を気にせず使うことができるので、袖や裾などのスチームがけをするときでも身体に負担がかかりません。

まとめ:NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!おすすめはどっち?パナソニック衣類スチーマー

NI-FS780とNI-FS770の違いは
【①重さ ②抗菌ハンドルの有無 ③カラーバリエーション ④価格】

価格が安いほうがいい ⇒ 旧型のNI-FS770

少しでも軽いほうがいい ⇒ 新型のNI-FS780

抗菌ハンドルがほしい ⇒ 新型のNI-FS780

違いはほとんどないので、「好きなカラーがあるほう」という決め方もいいですね。

2021年モデルのNI-FS770は、どんどん在庫が少なくなりますよ〜!

▼抗菌ハンドルがついた、軽くて使いやすいNI-FS780はこちら▼

2022年モデルのNI-FS780【アイボリー】

2022年モデルのNI-FS780【カームグレー】

▼機能はほとんど同じ!安さ重視のNI-FS780はこちら▼

2021年モデルのNI-FS770【ベージュ】

2021年モデルのNI-FS770【ダークグレー】






タップできる目次
閉じる