マリンピア神戸の跡地はどうなる?一時閉館の理由や閉店セール情報も調査!

マリンピア神戸の跡地はどうなる?一時閉館の理由や閉店セール情報も調査!



神戸市垂水区にある三井アウトレットパーク「マリンピア神戸」の跡地はどうなるのかなどを紹介します。

観光客や地元民に長く利用されてきたマリンピア神戸が、2023年1月15日(日)をもって一時閉館(閉店)することになりました。

マリンピア神戸は1999年10月の創業以来、買い物目的だけでなくデートスポットとしても親しまれてきました。

マリンピア神戸が一時閉館(閉店)ということで、気になるのは閉店後の跡地がどうなるのかですよね。

そこで、この記事では垂水区のアウトレット「マリンピア神戸」の跡地がどうなるのか、一時閉館の理由、閉店セールについて調査しました。

タップできる目次

マリンピア神戸の跡地はどうなる?

2023年1月15日(日)に、マリンピア神戸が一時閉館することになりました。

一時閉館した後、マリンピア神戸の跡地がどうなるのか気になりますよね。

マリンピア神戸を経営する三井不動産によると、全面建て替えをして2024〜2025年ごろに再オープン予定とのこと。

マリンピア神戸北西側に隣接する約20,957平方メートルの土地とあわせて、大幅にリニューアルされる予定です。

マリンピア神戸土地活用事業提案の概要(別紙1)

まだ計画段階ではありますが、完成イメージが公開されています♪

KOBEフードリゾートゾーン

地産地消のレストラン・物販店や、バーベキューなど

コミュニティゾーン

地域のイベント

スイーツ&アートガーデンゾーン

スイーツの販売、見晴らしデッキ

アクティビティレジャーゾーン

アスレチックやボルダリング、ドッグランなど

BE KOBEゾーン

神戸のシンボルモニュメント設置

現在のアウトレットの建物の敷地だけでなく、隣地もあわせて壮大なレジャー施設になるようです!

1日中楽しめる施設になりそうですね♪

マリンピア神戸が一時閉館する理由

では、マリンピア神戸が一時閉館する理由は何なのでしょうか?

マリンピア神戸のさらなる充実を図るため、土地活用事業の優先交渉権者が2021年11月に決まりました。

マリンピア神戸を経営する三井不動産株式会社が優先交渉権者となり、現在のマリンピア神戸の敷地と隣地とをあわせて大幅にリニューアルするようです。

経営不信などで撤退するわけでなく、さらなる発展のために一時閉館するのですね!

マリンピア神戸の閉店セール情報

一時閉館ということで、マリンピア神戸の閉店セールがあるのか気になりますよね。

閉館セールのスケジュールが、以下のとおり発表されていました!

閉館セール第1弾:10/14(金)〜11/15(火)

閉館セール第2弾:11/16(水)〜12/15(木)

閉館セールファイナル:12/16(金)〜1/15(日)

マリンピア神戸のホームページによると、いろいろなイベントも行われるようですよ♪

閉館セールだけでなく、イベントも楽しめそうですね(^^)

マリンピア神戸の跡地・一時閉館の理由・閉店セール情報まとめ

  • マリンピア神戸の跡地は、全面建て替えをして2024〜2025年ごろに再オープン予定
  • 一時閉館の理由は、マリンピア神戸のさらなる充実を図るため
  • 2022年10月14日から2023年1月15日まで閉館セールが行われる

マリンピア神戸の跡地はどうなるのか、一時閉館の理由、閉店セール情報について紹介しました。

一時閉館は寂しいですが、リニューアルオープンを楽しみに待ちましょうね(^^)






タップできる目次