子供向けクリスマスカードのメッセージ文例集!英語版もあり!書くときのポイントやサンタさんからの手紙も紹介します



今年のクリスマスは、プレゼントと一緒にクリスマスカードを贈ってみませんか?

自分へのメッセージが綴られた手紙やカードが嬉しいのは、大人も子供も同じ。

この記事では、小学校に上がる前~小学校低学年の子供向けにメッセージを書く時のポイントや、年齢・シチュエーションに応じてすぐまねできるクリスマスカードの例文を紹介します。

タップできる目次

小学校入学前(3歳から5歳位)の幼児向けクリスマスカードのメッセージ文例集

クリスマスカード文例集3歳から5歳向け

小学校入学前(3歳から5歳くらい)のお子さんへのクリスマスカードの例文を紹介します。

その子の様子に応じて、カタカナを入れてもいいですね。

サンタさんから贈る場合

◯◯ちゃん

めりーくりすます!

【ぱぱやままのおてつだい/はみがき/おかたづけ】をがんばっていて、とってもえらいね!

ぷれぜんとをよろこんでくれたら うれしいな。

たのしいくりすますをすごしてね!

さんたさんより

くりすますおめでとう!

◯◯ちゃん、おてがみをありがとう。

さんたさん、とってもうれしいぞ!

おともだちといつもなかよくすごしておる、とっても【やさしい/げんきな】◯◯ちゃん。

よいこだから ぷれぜんとをもってきたぞ。

たのしいくりすますをすごすんじゃよ。

親から贈る場合

◯◯、めりーくりすます!

ことしもみんなでたのしいくりすますにしようね。

いつもやさしい◯◯のことが、みんなだいすきだよ♡

これからもかぞくみんなでなかよく、げんきにすごそうね。

ぱぱとままより

◯◯、めりーくりすます!

ことしは【はみがき・おきがえをひとりでできるように/じてんしゃにのれるように】なったね。

いろんなことをがんばってくれて、どうもありがとう☆

◯◯がだいすきなものをおくるから、よろこんでくれたらうれしいな。

これからもたのしくすごそうね!

ぱぱとままより

祖父母から贈る場合

◯◯ちゃん、くりすます たのしんでいるかな♪

つりーをかざったり、けーきをたべたりしている、◯◯ちゃんの にこにこえがおが うかびます。

おばあちゃん・おじいちゃんからも、だいすきな◯◯ちゃんに ぷれぜんとをおくるよ。

こんどあったときには、ゆっくりおはなしをきかせてね。

またあそびにきてくれるのをまっているよ☆

◯◯ちゃんへ

めりーくりすます!

まいにち【ぱぱやままのおてつだい/きょうだいのおせわ/さかあがりのれんしゅう/えいごのおべんきょう】をしているときいて、おじいちゃんとおばあちゃんはびっくりしたよ。

【やさしい/がんばりやさんな】【おにいさん/おねえさん】にせいちょうしたんだね!

そんな◯◯ちゃんと またあえることを とてもたのしみにしているよ☆

きょうはかぞくで たのしいくりすますをすごしてね!

おじいちゃんとおばあちゃんより

小学校低学年の子供向けクリスマスカードのメッセージ文例集

クリスマスカード文例集小学校低学年向け

続いて、小学校低学年の子供向けのクリスマスカードの場合です。

漢字を習い始めるので、ひらがな・カタカナだけでなく、簡単な漢字を入れてみるのもおすすめです。

サンタさんから贈る場合

メリークリスマス!!

◯◯くん、がっこうのおべんきょうやスポーツを、いっしょうけんめい がんばっているようだね。

いつもがんばりやさんな◯◯くんに、きょうは ごほうびのプレゼントをおくるよ!

らいねんもげんきいっぱいたのしもう☆

サンタより

◯◯ちゃん、メリークリスマス!

◯◯ちゃんがほしがっていたプレゼントです!

おともだちがたくさんふえて、たのしい1ねんだったね♪

これからも おともだちとなかよくして、えがおいっぱいですごしてね。

またらいねんくるから、まっていてね!

サンタクロースより

親から贈る場合

◯◯へ

メリークリスマス!

ことしもよくがんばりました。

【かけざんの8のだんがいえるように/むずかしいかんじがよめるように/やきゅうでレギュラーになれるように】、まいにち【べんきょう/れんしゅう】していたね。

◯◯のせいちょうが、パパもママもうれしいです。

らいねんも げんきにすごそうね!

◯◯へ

クリスマスおめでとう!

いつも【だいすきっていってくれて/たくさんおはなしをしてくれて】ありがとう☆

パパもママもそんな◯◯がだいすきだよ!

ずっとほしがっていたものをプレゼントするから、だいじにしてね。

らいねんも えがおいっぱいですごそうね!

祖父母から贈る場合

◯◯くんへ メリークリスマス!

おじいちゃんとおばあちゃんから◯◯くんへクリスマスプレゼントだよ。

また◯◯くんの【げんきなかおをみせに/すてきなうたをきかせに】きてね。

おしょうがつ、たのしみにまってます。

おじいちゃんとおばあちゃんより

◯◯ちゃん、クリスマスたのしんでいるかな?

しょうがっこうまで まいにちあるいてかよって、えらかったね。

おともだちもたくさんできた〇〇ちゃんに、プレゼントです。

ことしはどんなすてきなことがあったのか、こんどおはなしをきかせてね!

おじいちゃんもおばあちゃんも、またあえるのをたのしみにまっているよ♪

英語版!子供向けクリスマスカードのメッセージ文例集

クリスマスカード文例集英語バージョン

たとえ意味が分からなくても、英語でつづられたカードには特別な雰囲気があります。

格好いい英文のクリスマスカードで、子供たちに嬉しいサプライズを届けましょう!

Dear 〇〇 ,

(〇〇へ)

Ho! Ho! Ho! Merry Christmas!

(サンタの笑い声)(クリスマスおめでとう!)

This is a present only for you .

(君だけの特別なプレゼントだよ。)

Hope you like it !

(気に入ってくれるといいな!)

Your friend , / Best Wishes, Santa Claus

(サンタクロースより)

Dear 〇〇 ,

Here’s your wish for Christmas.

(クリスマスにあなたが欲しがっていたものだよ)

I’m very happy with you Many thanks.

(あなたといるととても幸せです、ありがとう)

Wishing you a Merry Christmas!

(楽しいクリスマスになりますように!)

Love , / From □□

(愛を込めて □□より)

Dear 〇〇 ,

Were you a kind child the whole year round?

(1年間優しい子でいましたか?)

Wishing you a love and happiness now and forever .

(これからもあなたに愛と幸せが続きますように。)

I wish you a Christmas and happy new year!

(素敵なクリスマスと新年を迎えられますように!)

All my love , / Best wishes , □□

(愛を込めて/幸運を祈って □□より)

以下のような表現も覚えておくと便利です。

  • Thank you for your letter .
    (お手紙をありがとう)
  • Hope you enjoy my gift .
    (プレゼントを喜んでくれるといいな
  • Happy holidays !
    (よい休日を!)
  • May your Christmas wishes come true!
     (あなたのクリスマスの願い事が叶いますように!)
  • Hope you are happy and smiling.
    (あなたが幸せで笑顔でありますように)

子供に贈るクリスマスカードメッセージを書くときのポイント

クリスマスカードを書くときのポイント

子供向けのメッセージを書く時のポイントは、以下の2つです。

  • ひらがなで書く
  • 子供の名前を入れる

「自分にも読める!」という実感は、文字を覚え始めた子にとって嬉しいもの。

字を読む楽しさは、文字や表現への興味を育てることにもつながります。

小学校低学年なら、画数の少ない漢字を入れてもいいかもしれません。

また、名前が書いてあると「自分へのメッセージだ」ということがはっきり分かります。

更に、クリスマスカードでは

  • 最初にクリスマスらしい表現を入れる
  • 「!」や「☆」マークなど、記号も使って楽しい雰囲気にする

ということも意識しましょう。

最初に「メリークリスマス」などの言葉があれば、何のイベントかがすぐわかりますよね。

楽しいクリスマスだから、カードもハッピーに!

「簡単な言葉を使った方がいいの?」と思われる方も多いと思いますが、あまりにも難しい表現や子供に身近でない言葉でなければ、そこまで意識しなくても大丈夫。

新しい言葉を知るきっかけになりますし、子供は意外と大人同士の会話やテレビのニュースなどを聞いているので、大人が思った以上に言葉を知っていることも少なくありません。

心配な時は、保育園や幼稚園・小学校の先生にお伺いを立てるのも一つの手です。

子供にクリスマスカードを喜んでもらうためのポイント

クリスマスカードを子供に喜んでもらうためのポイント

表現のポイントをつかんだら、内容も一工夫して更に楽しいメッセージにしましょう!

意識したいのは、以下の言葉を入れることです。

  • クリスマスの楽しさを表現する言葉
  •  1年の頑張りや成長を認める言葉

「プレゼントは何かな?」「楽しいクリスマスに」など、嬉しさやワクワクを盛り上げる言葉があると、子供の気持ちも高まります。

また、褒められて嬉しくなったり、更にやる気が出たりするのは大人も子供も同じ。

12月は1年の締めくくりですし、クリスマスは家族の愛情を確かめ合うイベントでもあります。

「あなたのことをちゃんと見ているよ」「愛しているよ」という気持ちを伝える機会にしましょう。

その子の長所や個性を認める表現

もいいですね。

離れて暮らすお孫さんなど、日々の様子が把握しにくくても、これなら書けるのではないでしょうか。

子供向けクリスマスカードのメッセージについてのまとめ

小学校入学前の子供向け文例集小学校低学年の子供向け文例集英語の文例集書くときのポイント喜んでもらうためのポイントを紹介しました。

気持ちを込めて書かれたメッセージなら、子供たちもきっと大喜びしてくれるはずです。

素敵なカードで子供たちを笑顔にして、楽しいクリスマスを過ごしてくださいね♪




タップできる目次
閉じる