コンディショナーやトリートメントを流し忘れたらどうなる?流し忘れたようにベタつく原因と対策も解説!



お風呂で髪を洗った後、

「あれ?コンディショナー流したかわからなくなっちゃった」

「何だかベタベタする……もしかしてトリートメント流し忘れたかも?」

となったことはありませんか?

または、「コンディショナーやトリートメントはしっかり流さない方がヘアケアの効果が出る」と思って、あえて完全に流さないという方。

それ、実は髪と頭皮に大ダメージです!

この記事では、コンディショナーやトリートメントを流し忘れた時に起こりやすい問題や、正しい使い方などを紹介します。

ドキッとした方はぜひチェックしてみてくださいね! 

タップできる目次

コンディショナーやトリートメントを流し忘れるとどうなる?

トリートメント・コンディショナーを流し忘れると、

  •  くせ毛悪化
  •  髪の毛のハリやコシがなくなる
  •  髪のボリュームが出にくくなる
  •  頭皮ニキビができやすくなる・フケが出やすくなる
  •  頭皮からイヤな臭いが発生
  •  抜け毛や薄毛が起こりやすくなる

といった問題につながることがあります。

トリートメントやコンディショナーを流さないと、残った油分や成分が髪や頭皮を覆ってしまったり、毛穴に詰まったりします。

すると、雑菌が繁殖したり、髪に栄養が行きわたりにくくなったりして、こうした問題が起こりやすくなるのだとか。

「少し残した方がきれいな髪になる」という説が流行った時期もありましたが、きれいな髪のためにはむしろ逆効果なのですね。

とは言え、一度流し忘れただけならば深刻なダメージにはつながりにくいそうです。

流し忘れたかも?と気になったら、この後解説する方法でしっかりケアして下さいね。

コンディショナーやトリートメントを流し忘れたときの対処法

トリートメント・コンディショナーの流し忘れに気づいたら、「すぐに流す」!

これが大原則です。

できるだけ早く流した方が、頭皮や髪へのダメージを抑えられます。

もしドライヤーで乾かしてしまった後でも割と簡単にシャワーで落とせるので、気付いた時点で洗い流しましょう。

ただし、この場合は頭皮や髪に残りやすくなっているので、いつもよりすすぎをしっかりとすることが大切です。

もし、「次の日になってから気付いた」「外出中で洗い流せない」など、流し忘れてから時間が経ってしまった時は、「頭皮クレンジング」を行うのがおすすめです。

クレンジングシャンプー(炭酸シャンプーと呼ばれていることも)を使って毛穴のつまりを解消することで、頭皮や髪につきすぎてしまった成分をしっかり洗い流すことができます。

使い方は、各商品の説明書きを確認してくださいね。

トリートメントやコンディショナーを流し忘れた時以外に、臭いやかゆみなどが気になる時などは試したい方法です。

髪のボリュームも出やすくなりますよ。

もしクレンジングシャンプーを使ってもベタつきや臭いが気になるという場合は、頭皮専用のクレンジングオイルを使ったり、ヘアサロンの頭皮クレンジングを受けたりするのもおすすめです。

コンディショナーやトリートメントを流し忘れないようにするためには?

対処法をチェックしたところで、「流し忘れにくくなる方法」についても考えてみましょう。

トリートメントやコンディショナーを使っている時に他のことに意識を向けないようにできれば、流し忘れにくくなります。

でも、入浴中はリラックスしてぼんやりしてしまいがちなもの。

いやでもトリートメントやコンディショナーをつけていることが意識できるよう、つけている間は頭に蒸しタオルを巻くというのはいかがでしょう。

髪のキューティクルが開いてトリートメントやコンディショナーも浸透しやすくなると言われ、効果アップも期待できます。

流したかどうかに関わらず、「お風呂から出る時は必ず髪と頭皮を洗う」と決めてしまうのも1つの方法です。

既に洗い流していたとしても、もう一度お湯で流すくらいならダメージにはつながりにくいでしょう。

それよりも流し残した時の方が深刻です。

流したかどうかわからなくなったときは、とにかくもう一度流すようにしましょう。

使う製品を変えるという方法もあります。

リンスインシャンプーなら、つけてから流すまでの時間を空ける必要がないので、洗い忘れるということも防げます。

でも、リンスやトリートメント、コンディショナー単体と比べると頭皮に残りやすかったり、髪を補修する効果が劣ったりするというデメリットも。

流し残し対策もトリートメントやコンディショナーの効果も、どちらも万全を期したいという方には、洗い流さないトリートメントがおすすめです

そもそも洗い流すものではないので、必然的に洗い流し忘れるということが防げます。

商品にもよりますが、乾いた髪でも使えたり、部分的に気になっているところだけ使えたりと、手軽さも魅力です。

スタイリングがしやすくなったり、ドライヤーの熱によるダメージを抑える効果が期待できるものもあったりするので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょう。

コンディショナーやトリートメントの正しい流し方・すすぎ方

トリートメントもコンディショナーも、基本的に、洗い流し方に大きな違いはありません。

指の腹で頭皮からすすぎ始め、髪の先に向かって、指を通しながらすすいでいきます。

ある程度ぬるつきがなくなったら、頭皮を重点的に洗いましょう。

もちろん、髪にもトリートメントやコンディショナーが残らないように、しっかりと洗い流します。

「流しすぎると効果がなくなりそう」と思いがちですが、すすぎ足りないと髪全体に成分が均一に広がらず、効果が十分に発揮できないことも。

髪全体を十分すすぐことで成分を薄くまんべんなく行き渡らせることができ、指通りが良くなる、などの効果が発揮されます。

髪の生えていない耳の後ろや、後頭部から襟足までの部分は流し残しやすいので、首を傾けて下を向いたり上を向いたり、体勢を変えながら流すようにしてくださいね。

最後に、髪や頭皮にぬるつきが残っていないか確認します。

でも、シャンプーと比べて、どこまで流したらいいのか、手触りでは確認しづらいですよね。

目安としては、「流したお湯が濁らなくなるまで」です。

ポイントは、「もういいかな?」と思ってもあと少し流すことです。

流し忘れていないのに、流し忘れたときのようにベタつく原因と対策

もし、「トリートメントやコンディショナーはしっかり流しているのに、何だかベタつく」という場合、別な対策が必要かもしれません。

ベタつきの原因と対策について、こちらで確認してみてください。

ベタつく原因

頭皮や髪のベタつきの多くは、過剰な皮脂による汚れがもとになっています。

皮脂は、分泌される量が正常なら髪や肌を乾燥から守ってくれますが、多すぎると毛穴に詰まったままになってしまうことも。

皮脂の分泌が多くなりすぎる原因としては、「季節や年齢」「生活習慣の乱れ」「間違った洗い方」などが考えられます。

湿度も温度も高い春や夏は汗をかきやすく、頭皮や髪に皮脂が残りがち。

帽子をかぶることも増えますが、蒸れやすくなるので注意が必要です。

これは春や夏以外も同じですね。

ホルモンバランスが乱れやすい思春期も皮脂の分泌が多くなることがあります。

一方、加齢が影響することもあります。

基礎代謝が下がるので、栄養成分が吸収しきれず、これが過剰な皮脂として分泌されてしまうというメカニズムです。

また、男性ホルモンは皮脂腺を大きくする働きがあるので、女性よりも男性の方がベタつきに悩むことが多いと言われます。

普段の食生活や運動習慣も、皮脂の分泌に関わっています。

揚げ物や肉類など脂肪が多いもの、ケーキやチョコレートなど糖質の多いものなど、体に脂肪として蓄積しやすいものは、皮脂の過剰な分泌にもつながります。

ここに運動不足が加わると、こうした過剰な栄養が代謝されにくくなってしまいます。

また、皮脂の分泌量が正常でも、運動不足で血行が悪くなると頭皮に必要な栄養が十分に届かず、薄毛や抜け毛が起こりやすくなることもあるそうです。

トリートメントやコンディショナーはしっかり流せていても、シャンプーの仕方が間違っているということもあります。

頭を洗っている時に爪を立ててゴシゴシ強くこすってしまうのはNG。

頭皮が傷ついて雑菌が繁殖しやすくなったり、傷口が乾燥するのでそれを補うために皮脂の分泌が過剰になったりして、ベタつきやかゆみ、嫌な臭いといったトラブルが起こりやすくなります。

シャンプーの選び方も重要なポイントです。

洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていると、必要な皮脂まで落としてしまいます。

すると、不足した分を補うためにより多くの皮脂が分泌されることも。

洗い残しだけでなく、洗いすぎもトラブルのもとと覚えておいてくださいね。

ベタつかないようにする対策

ベタつきの原因がわかったら、対策も立てやすいですね。

食生活を改善したり、適度な運動を取り入れたりするほか、睡眠不足やストレスもホルモンバランスの乱れにつながり、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。

髪や頭皮だけではなく、体の中から整えることが大切です。

シャンプーは自分の頭皮の状態や髪質に合ったものを選びましょう。

成分表で、「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」が最初の方にあるものは洗浄力が強いので、使う時に確認してみてください。

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が強すぎないので、肌が弱い方にはおすすめです。

美容院で使われているものは頭皮や髪への負担が少ないことが多いので、ドラッグストアではなく美容院で買うのもよい方法と言えます。

シャンプーで洗う時も、爪を立てずに指の腹でマッサージをするようにもみ洗いします。

マッサージ効果で、頭皮の血行促進も期待できますよ。

爪を伸ばしている時や頭皮の汚れやべたつきが特に気になる時は、頭皮専用の洗浄ブラシを使うのもおすすめです。

シャンプーも、トリートメントやコンディショナーと同じく、しっかり洗い流しましょう。

また、トリートメントやコンディショナーは、頭皮ではなく髪の毛につけることを意識して下さいね。

洗い流しと同じく、乾かすことも重要です。

髪や頭皮を濡れた状態で放置すると、蒸れたり雑菌が繁殖しやすくなったりします。

生乾きの状態はダメージを受けやすいので、タオルドライだけではなく、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

この時も髪の根元、頭皮を重点的に。

「乾かしすぎはダメージにつながりそう」と考えがちですが、髪は時間が経つと、外気に合わせて水分を吸収し、適切な水分量を保つようになっています。

今はドライヤーも進化しているので、昔ほど熱によるダメージを心配しなくても大丈夫。

もし気になるという方は、ドライヤーの熱による髪のダメージを抑えてくれる洗い流さないトリートメントや、スタイリング剤などを試してみてはいかがでしょう。

「トリートメントやコンディショナーを流し忘れた時の対処法」で紹介した頭皮クレンジングを行うのもおすすめです。

美容院でヘッドスパや頭皮マッサージをしてもらうのも、ベタつきなどのトラブル解消につながります。

ただし、こちらもあまり頻繁にやるのは逆効果。

月に1回くらいを目安にしましょうね。

まとめ

トリートメントやコンディショナーの流し忘れを繰り返すと、頭皮や髪のさまざまなトラブルにつながりやすくなります。

しっかり流しているのに髪や頭皮にトラブルが起こる時は、他の原因が考えられます。

健やかで美しい髪と頭皮のために、正しい習慣を身につけましょう。




タップできる目次
閉じる