メロンが苦い原因とは?食べてしまったら食中毒になる?吐き出したほうがいい?苦いメロンの見分け方と食べたら苦かったときの対処法

メロンが苦い原因とは?食べてしまったら食中毒になる?吐き出したほうがいい?苦いメロンの見分け方と食べたら苦かったときの対処法



メロンを食べたときに「苦い!」と感じたことはありませんか。

甘いイメージがあるので、食べたときに苦いとびっくりして、“腐っているのかもしれない”と不安になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、苦味の原因や対処法、苦くないメロンの見分け方などについて詳しく解説していきます。

タップできる目次

メロンが苦いのはなぜ?原因は3つ!

メロンが苦い原因は、大きくわけて3つあります。

見た目に明らかな変化がある場合はわかりやすいですが、そうでない場合、見た目だけで判断することは難しく、食べてから気付くことがほとんどです。

メロンが苦い原因①未熟だから

メロンが苦い原因の1つ目は、「熟していない」場合です。

収穫後、すぐに美味しく食べられると思っていても、収穫が早かったものは苦味成分である「ククルビタシン」が十分に減少しておらず、苦味を強く感じてしまうことがあります。

苦味成分は成長の過程で少しずつ減少していくため、メロンの場合は収穫後、一週間ほどは常温で置いておき、追熟させる必要があるとされています。


メロンが苦い原因②熟しすぎだから

メロンが苦い原因の2つ目として、前述の「未熟」とは反対に、「果実が熟し過ぎている」場合があります。

食べ頃が過ぎて発酵が進んでしまい、メロンに含まれているたんぱく質分解酵素である「ククミシン」によって甘味成分が苦味成分に変わってしまうため、苦味を強く感じるのです。

メロンが苦い原因③病気だから

3つ目の原因は、「メロンの病気」が考えられます。

メロンが「ばら色かび病」という病気にかかってしまうことで、もともと含まれている苦味成分が大量に生成され、苦味を強く感じてしまうというものです。

このばら色かび病については、次の項で詳しく説明しますね。

ばら色かび病とは

メロンが苦い原因として挙げられる「ばら色かび病」は、水分や糖分が多く含まれている果実や野菜に多い植物の病気です。
トリコセシウム属菌が果実のヘタ部分から侵入し、内部を腐敗させるというもの。

メロンの場合、このトリコセシウム属菌に侵されないよう防御作用が働くことで、メロンの苦味成分が大量に生成され、強い苦味の原因になるとされています。

苦いメロンを食べたら食中毒になる?苦味の原因ククルビタシンとは?

苦いメロンを食べてしまっても大丈夫なのでしょうか?

我慢をして食べると危険な場合もありますので、注意が必要です。

苦いメロンは危険!

苦いメロンを食べると、食中毒になる可能性があります。

早熟なメロンや病気になっているメロンは、毒性のある「ククルビタシン」を大量に含んでいて、食べたときに強い苦みを感じるんですね。

このククルビタシンが食中毒を引き起こす可能性があります。

もし苦みを感じたら、すぐに吐き出して処分しましょう。

苦味の原因ククルビタシンとは?

ウリ科の植物に多く含まれている、苦味成分である「ククルビタシン」。

メロンだけでなく、実はキュウリやスイカ、ゴーヤなど身近な食べ物にも含まれています。

ククルビタシンは、多量に摂取すると下痢や腹痛などの食中毒を引き起こすことがあるとされ、身体に害をもたらしてしまうリスクもあります。

基本的に噛んだり飲み込んだりすることができないほどの苦味があるため、食べてしまうことはほとんどありませんが、苦味を感じたら食べずに避ける方が良いとされています。

メロンが苦い時の対処法

では、メロンが苦いと感じた場合、どうすればよいのでしょうか。

メロンがばら色かび病にかかってしまっている場合は食べることはできませんが、未熟な場合や熟しすぎている場合などは、食べることが可能です。

ミルクやアイスと合わせてジュースやスムージーにすることで大量に消費でき、苦味を抑えて食べることができますよ。

ただ、苦味の原因がはっきりせず、自分で判断ができない場合などは、無理に食べることはせずに、諦めた方がよいでしょう。

万が一、苦いメロンを食べてしまい食中毒の症状が出てしまった場合は、水分を補給しながら、様子を見て、状況に応じて病院を受診するようにしましょう。

苦いメロンの見分け方

購入時の美味しいメロンの見分け方や苦いメロンの見分け方について、それぞれ確認すべきポイントをご紹介します。

〇購入時の美味しいメロンの見分け方

大きめでずっしりと重みがあり、表面に傷や変色がないもの
・網目の有無に関わらず左右対称で形が綺麗なもの

〇苦いメロンの見分け方

※下記に該当する場合、ばら色かび病の可能性があります
・表皮の一部が白く覆われている
・カットした中身が白色~桃色に変色している

丸ごと一玉を購入する場合にはなかなか気が付かないことも多いですが、カットしてからでも異変に気付くことはできますので、食べる前にきちんと状態を確認することで安心できます。

まとめ

他のフルーツと比べて値段も高く、高級なイメージがあるメロンは、頻繁に食べることが少ないからこそ、なかなか異変には気が付かないものです。

そのため、本来は甘味を感じるメロンに苦味を感じたら要注意!

食べても問題がない状態なのか、食べることを止めるべきなのか、きちんと見極めることが大切です。

安心して美味しく食べるために、今回の内容が少しでもお役に立ちましたら幸いです。






タップできる目次