プランターのきのこの種類や名前は?生える原因と対策方法を解説します

プランターのきのこ種類や名前は何?生える原因と 対策方法を解説



本記事では、

  • プランターに生える主なきのこの種類・名前
  • プランターにきのこが生える原因
  • プランターにきのこが生えないようにする対策方法

について解説します。

育てている植物のプランターにきのこが生えていてびっくりした経験がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

タップできる目次

プランターのきのこの種類と名前

プランターに生えるきのことして、主な2種類を紹介します。

プランターのきのこの種類と名前①イタチタケ

引用元:きのこ図鑑

イタチタケ

初夏から秋にかけて、広葉樹の朽木や切り株、林内の地上によく生えています。

カサのカタチは成長とともに、卵型→釣鐘型→平らに変化していきます。

色は淡黄褐色で、カサは薄く脆いため、触るとすぐに崩れるのが特徴です。

毒やニオイはなく、触っても大丈夫ですが、念のために軍手や手袋を着用するのがおすすめです。

プランターのきのこの種類と名前②キコガサタケ(黄小傘茸)

引用元:きのこらぼ

キコガサタケ

イタチタケに比べて柄の部分が細長く、カサが白色~薄クリーム色のきのこです。

背が高く、色が白っぽいため、比較的見つけやすいのが特徴です。

釣鐘型の小さなカサは、お菓子のアポロチョコのカタチに似ており、ちょっぴり可愛らしさを感じます。

キコガサタケも毒はないため、見つけてもそれほど心配する必要はありません。

触っても問題ありませんが、きのこをプランターから取り除く場合は、念のために軍手や手袋を着用するのがおすすめです。

プランターにきのこが生える原因

プランターにきのこが生えることは、そう珍しいことではありません。

プランターにきのこが生えている原は主に「きのこの胞子」と「土の湿度」であり、条件さえ揃えば、誰にでも起こりうる可能性があります。

プランターにきのこが生える原因①きのこの胞子が飛んできた

きのこの胞子は自分で動くことはできませんが、虫に運ばれたり、風に飛ばされたりすることがあります。

住宅街などであれば、きのこの胞子が野良猫の毛に付着し運ばれる…というケースもあるほど。

そのため、プランターを屋外に置いている場合は、きのこの胞子が飛んできたという可能性が高いです。

プランターにきのこが生える原因②土の湿度が高い

2つ目の原因は、土の湿度が高いことです。

湿度の高い土は、きのこにとって絶好の場所。

土が乾ききる前に、毎日たくさんの水を与え続けていると、常に土が湿った状態になるため、きのこが生えやすくなります。

特に梅雨時は、きのこだけでなくカビも生えやすくなるため、湿度には注意が必要です。

プランターにきのこが生えないようにする対策方法

プランターにきのこが生えないようにするポイントは、「土」にあります。

おすすめの対策方法は、下記の2つです。

プランターにきのこが生えないようにする対策方法①土を乾燥させる

きのこが好む環境を作り出さないよう、プランターを日当たりの良い場所に設置したり、日光をあてたりして、土を乾燥させることが大切です。

水やりの頻度を少なくすることも、土を乾燥させることに繋がります。

また、川砂やパーライトといった、水を吸収しない園芸資材を土に混ぜて使用するのもおすすめです。

プランターにきのこが生えないようにする対策方法②新しい土に変える

ホームセンターなどで購入した土は、はじめから、きのこの胞子(菌)を含んでいる可能性が高いです。

特に値段の安い土は、きのこが生える原因となる餌(有機物)が含まれていることが多く、いくら土の湿度に気を付けていても、きのこが生えてしまうことがあります。

そんな時は、思い切って新しい土に変えるのがおすすめです。

無機物の肥料を土に混ぜて使用することで、きのこが生えるのを防ぐことができます。

まとめ:プランターに生えるきのこの種類や名前・生える原因と対策方法

◆プランターに生える主なきのこの種類・名前
  • イタチタケ
  • キコガサタケ(黄小傘茸)
◆プランターにきのこが生える原因
  • きのこの胞子
  • 土の湿度
◆プランターにきのこが生えないようにする対策方法
  • 土を乾燥させる
  • 新しい土に変える

もしプランターにきのこを見つけても、きのこが生えることはそう珍しいことではないので大丈夫ですよ♪

ただし、毒がないからといっても、食べることはないよう気を付けてくださいね!






タップできる目次
閉じる