ネックレスの絡まりがひどいときのほどき方と絡まりを防止する方法



“ある日、お気に入りのネックレスに手を伸ばすとチェーンが絡まっていた”という経験はありませんか。

いつもネックレスを適切な方法で保管することが出来ていればいいですが、さっと取り外してテーブルに置いたままにしたり、ポケットにしまってしまったり…。

つけようと思った時には、チェーンが団子状態になっていたということありますよね。

本記事では、そんな時に役立つネックレスの絡まりを解く方法や適切な保管方法についてご紹介いたします。

タップできる目次

ネックレスの絡まりが軽いときのほどき方

ネックレスの絡まりが軽いときは、ベビーパウダーを使ってほどくのがおすすめです。

ベビーパウダーの上でネックレスを揺らしていると、チェーン同士の絡まりが緩くなってくるので、簡単にほどけやすくなります♪

必要なもの
・ベビーパウダー
・紙(チラシや新聞紙等)

もしベビーパウダーがない場合は、フェイスパウダーや片栗粉、コーンスターチといった他の粉類で代用することができますよ♪
STEP
机やテーブルが汚れないよう紙を敷き、その上にネックレスを置く
STEP
絡まっている部分にベビーパウダーをたっぷり振りかける
STEP
ベビーパウダーがしっかりとなじむよう、ネックレスを揺らす
STEP
ベピーパウダーが十分ついたら、焦らずに少しずつほどいていく
STEP
絡まりがほどけたら、ネックレスに付いたベビーパウダーを水で洗い流し、タオルで水気を拭き取る

水で洗い流すことに抵抗がある場合は、ベビーパウダーを布やタオルで優しく拭き取るだけでもOK!

動画で確認したい方はこちら

ネックレスの絡まりがひどいときのほどき方

ネックレスの絡まりがひどいときは、つまようじを使ってほどのがおすすめです。

つまようじならチェーンの細かい隙間にアプローチすることができるので、不器用な方でもほどきやすいのが魅力です。

必要なもの
つまようじ(1~2本)

先が尖ったまち針などでも代用できますが、チェーンを傷つけてしまう可能性があるため、あまりおすすめできません。
STEP
ネックレスの金具(留め具)を外し、テーブルなど平らなところにネックレスを伸ばして置く
STEP
チェーンが絡まっている部分の隙間をつまようじでトントンと軽くたたき、優しく刺激を与える

チェーンをたたいているときに、チェーンが動いてやりづらいという場合は、もう1本のつまようじでチェーンを抑えるとやりやすくなります。

STEP
チェーンが緩んできたら、円を描くように少しずつ隙間を広げながらほどいていく

動画で確認したい方はこちら






タップできる目次
閉じる