スタバカードが嬉しくない人はどんな特徴がある?喜んでもらえるプレゼントの渡し方やスタバカード以外のおすすめギフトも紹介します



プレゼントやちょっとしたお礼に、手軽に贈れるスターバックスカード(以下、スタバカード)。

コーヒーやグッズの購入など、スターバックス(以下、スタバ)で気軽に利用できるものの、人によってはもらっても嬉しくないと感じる人がいるようです。

嬉しくないと感じるのは、どのような人なのでしょうか。

喜んでもらうために、贈る側が心掛けておくべきことも含めてリサーチしましたので、是非お役立てください。

関連記事⇒スタバカードはプレゼント用に無料でラッピング包装してもらえる?

タップできる目次

スタバカードが嬉しくない人はどんな人?5つの特徴を解説

「スタバカードをもらったけれど、あまり嬉しくない…」

こう考える人には、その人なりの考えや特徴があるはず。

スタバカードが嬉しくない人の特徴を5つにまとめました。。

スタバカードが嬉しくない人の特徴① コーヒーが飲めない・苦手な人

スタバ=コーヒーショップのイメージが強いため、コーヒーを好んでいない人はそもそもスタバには近づきません。

そのため、もらっても「使い道がない」と考えるケースが多いようです。

スタバカードが嬉しくない人の特徴② スタバ自体に興味がない人

コーヒーを普段からよく飲む人でも、スタバそのものに興味がない人もいます。

街には、ドトールやタリーズなど、コーヒーが飲めるお店はたくさんあり、スタバよりも値段が手頃なため、わざわざスタバを利用するメリットがないと考える人もいるようです。

スタバカードが嬉しくない人の特徴③ 近くにスタバ店舗がない人

スタバのメニューやグッズのことは知っていても、近くに店舗がないから利用する機会がないという人がいます。

そのため、せっかく貰っても、使える店舗がないのだからどのように使えばよいのかわからないという人がいるようです。

スタバカードが嬉しくない人の特徴④ カードを持ち歩くのが嫌な人

いつしか、ミニマリストというワードが流行し、持ち物を少なく、出来る限りシンプルに生活する人たちが増えました。

そのような人たちにとっては、いくらキャッシュレス決済ができると言っても、スタバでしか使用できないカード1枚よりも、スマホやクレジットカードを持ち歩く方が便利ですよね。

財布の中身や持ち物を少なくしたいと考えている人には、向いていないアイテムかもしれません。

スタバカードが嬉しくない人の特徴⑤ スタバでの注文の仕方が分からない人

自分好みの味にカスタマイズできることが魅力の一つでもあるスタバのメニューですが、種類が豊富な上、あまり頻繁にスタバを利用しない人にとっては、注文のハードルが高いと感じてしまう人もいるようです。

せっかくスタバカードをもらっても、一人ではメニューが注文できないため、嬉しくないと思ってしまうケースがあるのは、少し残念ですね。

スタバカードが嬉しくない人にも喜んでもらえるには?

せっかくプレゼントをするなら、どんな人にも喜んで使ってもらいたいもの。

では、どうすればよいのでしょうか。

無理強いはよくありませんが、スタバカードが嬉しくないと感じる理由を理解し、しっかりとメリットを伝えてあげることが大切です。

コーヒー以外にも色々なメニューがあることを伝える

コーヒーが飲めない人や苦手な人へは、スタバにはコーヒー以外にも豊富なメニューがあることを伝えましょう。

コーヒーショップとはいえ、ドリンクはコーヒーだけでなく、フラペチーノをはじめ、ティーやミルク、ジュースなどがあります。

もちろん、ケーキやサンドイッチといった、フードも豊富に用意されています。

コーヒーを飲む以外にも、行く理由がいくつも見つかるのがスタバの良いところです。

スタバカードには有効期限がないことを伝える

「スタバカードに有効期限がないことを知らない」という人がいるかもしれません。

その場合、期限内に使わなくてはいけないと思い、少し負担に感じてしまうケースもありますので、スタバカードには有効期限がないことをきちんと伝えてあげることが大切です。

ただし、有効期限がないのは、2012年(平成24年)6月6日以降に発行されたカード、またはその時点で有効なカードです。

なぜなら、以前のカードには有効期限があったから。

そのため、2012年(平成24年)6月5日以前に3年間カードの利用履歴がない場合は、カードの有効期限が切れ、現在は使用できなくなっています。

不安な方はぜひ一度、公式サイト等よりカードの残高照会を行い、状況をご確認下さい。

※カード利用とは、入金・残高照会・カードによる商品購入・発行時の入金のいずれかのことを指します。

オンラインストアでもスタバカードが使えることを伝える

スタバカードは、実店舗だけではなくオンラインストアでも使えます。

スタバカードを初めて手にするという人のなかには、スタバカードは店舗でしか使えないと思っている人がいるかもしれません。

オンラインストアでも使えることを伝えましょう。

オンラインストアでの使用なら、混雑しがちな店舗に足を運ぶ必要がないですし、もし近くに店舗がない人でも、いつでもどこでも気軽にネットショッピングで使えます。

普段からネットで買い物をしている人であれば、簡単に使えて便利です。

Starbucks eGiftをプレゼントする

普段カードを持ち歩かないという人には、「Starbucks eGift」を贈ることを検討してみるのも良いかもしれません。

Starbucks eGiftは、オンライン上で簡単に送れるギフトチケットのこと。

ギフトチケット は、「コーヒーorラテ」「フラペチーノ」「ドリンク&フード」の3種類があります。

公式サイトから、カードデザインを選択し、オリジナルメッセージを添えて送ることが可能です。

使うときは、届いたURLを開いてバーコードをレジで提示するだけなので、普段カード類を持ち歩かないという方にも使ってもらいやすい商品です。

スタバのバリスタに相談するよう勧める

スタバの注文のシステムやメニューについて詳しくないという人には、バリスタに気軽に相談できることを伝えてあげるのもおすすめです。

バリスタの方々は、一人ひとりのお客様にぴったりの商品を提供できるよう、豊富な知識を備えています。

もちろん、接客慣れをしている方がほとんどなので、なんでも親身に対応してくれます。

メニューの内容だけでなく、ドリンクサイズの読み方など、ちょっとしたことでも気軽に聞くことができるので、注文のハードルもぐっと下がりますよ。

一緒にスタバに行こうと誘う

スタバカードを贈った相手が親しい友人や家族なら、一緒にスタバへ行こうと声を掛けてあげるのも一つの方法です。

一人ではスタバへ行かない人や、注文の仕方に慣れていない人などは、誰かと一緒に行くだけで十分安心できるもの。

人気の商品やスタバでの楽しみ方を教えてあげるのも良いかもしれません。

スタバカードが嬉しくない人にも喜ばれるギフトアイテム

スタバにはギフトにぴったりな商品が多数揃っていますので、スタバカード以外の贈り物を検討するのもおすすめです。

スターバックスタッチザペン

スターバックスタッチザペンとは、スタバカードの機能が備わったジェルインクペンのこと。

普段は手帳やノートに文字を書く筆記具(ペン)として使用でき、スタバではスタバカードの代わりに決済で使用できる、1本2役の商品です。

通常のペンとほとんど変わらないサイズなので、スーツのポケットやカバンの中に忍ばせておけば持ち運びにも便利です。

見た目も高級感がある金属軸仕様なので、持っているだけでもお洒落で、プレゼントにもぴったりです。

タンブラーなどの公式グッズ

スタバ愛用者の中には、タンブラーやマグカップ、ステンレスボトルなど、その他公式グッズをコレクションしている方も大勢います。

特に、季節や地域限定商品はなかなか手に入らないので、入手することが可能であれば、スタバカードを贈るよりも喜んでもらえる場合があります。

店舗やオンラインストアでは、素敵なラッピング対応もしていますので、ギフト用として簡単に用意することができます。

まとめ

スタバカードは、「もらうと嬉しい」という声が聞こえる一方で、実は、人によっては「あまり嬉しくない」と感じる方もいるようです。

理由は人によって様々ですが、多くの場合、スタバについての情報量が少ないということが共通認識として挙げられます。

その不足している情報を補えるような一言を添えて、スタバカードを贈ることで、受け取り手の気持ちに変化が現れるかもしれません。

もちろん、スタバには、スタバカード以外にもプレゼントに適した商品がたくさんありますので、贈る相手によって内容を選択することが、相手に喜んでもらうことに繋がります。






タップできる目次
閉じる