千羽鶴にタブーな色、縁起の悪い色、ダメな組み合わせはある?つなげ方はバラバラでもいい?首は折る?グラデーションや組み合わせについても解説!



「千羽鶴には使ってはいけない色がある」という話を聞いたことはありませんか?

せっかく贈るのなら、マナー違反で相手に不快な思いをさせることは避けたいですね。

この記事では、千羽鶴の色の意味や、配色のヒントについてまとめました。

タップできる目次

千羽鶴の色に意味はある?

千羽鶴に使われる折り紙の色ひとつひとつに意味はあるのでしょうか?

これについては、それぞれの色に意味はないという説が一般的なようです。

よく見ると暗い色よりは明るい色が使われていることが多いですが、千羽鶴の用途を考えるとその理由が見えてきます。

試合での勝利祈念や、とりわけお見舞いに差し上げるものとしては、気分が明るくなるような色が好まれるのは自然なことではないでしょうか。

でも、応援するスポーツチームのチームカラーが黒色だったり、贈る相手の好きな色がダークトーンだったりということもありますよね。

黒一色などのあまり極端なものでなければ、一緒に作る方と相談しながら臨機応変に進めるのが一番です。

千羽鶴の色にタブーはある?縁起の悪い色や使ってはダメな色は?

前述のとおり、千羽鶴のそれぞれの色には、特に込められた意味はありません。

ですから、「使ってはいけない」と決められている色もありません。

日本折紙協会のホームページに、黒色についての記載があります。

「黒」で折ってはいけない?と聞かれることもございますが、そんなことはございません。

引用元:日本折紙協会

とは言え、「黒・グレー・赤」の3色は縁起が悪いものを連想させるので、「使わない方がいい」と言われているようです。

また、金や銀も、縁起は悪くないものの、まとめた時に他の色から浮いてしまうので、あまり使われないことが多いようです。

使わない方が良いと言われている色

連想されるもの
お葬式(喪服や霊柩車など)
グレー 火葬後のご遺灰やご遺骨

千羽鶴の色の組み合わせに決まりはある?順番はバラバラでもいい?

千羽鶴の色の組み合わせや順番にも、特に決まりはありません。

どのように組み合わせてもいいですし、まとめずにバラバラでも特に問題はありません。

ただ、例えば「全体はバラバラなのに、一部だけ同じ色の鶴が2羽連続している」という状態だと、見ていて気になってしまいますね。

まとめた時にメッセージや絵柄を浮き上がらせる、という意図でなければ、こうした状態は避けた方がよいでしょう。

また、千羽鶴で多く使われる配色として、2つの方法があります。

  • 1つの色で1本を作る
  • 1本をグラデーションにする

必ずこのどちらかにする必要はありませんが、色の組み合わせ方に迷ったときはヒントにしてみてはいかがでしょうか。

千羽鶴の色をグラデーションにする作り方

千羽鶴をグラデーションに並べる場合は、上になる方を明るい色・淡い色にし、下がるにつれてだんだん暗い色・濃い色にするという方法が定番です。

白などの明るい色・淡い色は軽やかな印象を、紺などの暗めの色は重厚感を与えると言われるので、このような並べ方にすると全体に安定感が出るようです。

単色で、例えば「白または淡い水色→藍色」となるように並べるのも素敵ですし、いくつかの色を取り合わせてもきれいです。

その場合は「色相関図」をイメージして配色を決めるといいですね。

どうしても忌み色の赤が気になるという場合は、ピンクに近い紅色や、赤とオレンジの中間くらいの朱色を使ってはいかがでしょうか。

おすすめは、一番繋げやすい10色のグラデーションです。

10色のグラデーションの作り方

白→ピンク→赤→オレンジ→黄→黄緑→緑→水色→青→紫

他にも、ピンクから始めて中間色の黄緑・水色を省く7色の配列や、反対に、薄いオレンジ・レモン色・深緑・紺・藍といったトーンの違う色や中間色を増やして15色・20色を並べる方法もポピュラーです。

7色のグラデーションの作り方

ピンク → 赤 → オレンジ → 黄 → 緑 → 青 → 紫

15色のグラデーションの作り方

白 → 薄いピンク → ピンク → 赤 → オレンジ → 淡いオレンジ → 黄 → レモン色 → 黄緑 → 緑 → 深緑 → 水色 → 青 → 藍 → 紫

20色のグラデーションの作り方

白 → 薄いピンク → ピンク → 濃いピンク → 濃い赤 → 赤 → 茶 → オレンジ → 薄いオレンジ → 山吹色 → 黄色 → レモン色 → 黄緑 → 緑 → 濃い緑 → 薄い水色 → 水色 → 青 → 紺 → 紫

千羽鶴の基本的な折り方

千羽鶴の鶴は、1羽だけの鶴と同じ作り方で折ります。

千羽鶴の首(頭)は折るの?折らないの?

「千羽鶴の首を折るか折らないか」ということが問題になることがあります。

下を向いた鶴の姿や「首を折る」という言葉が、縁起の悪いものを想像させるからです。

しかし、尾も頭もピンと立った鶴を見ると、何だか中途半端な印象を抱きませんか?

頭を折ると縁起が悪い?と聞かれることがございますが、まったくそんなことはございません。折らないと頭ができないので、折ってください。

引用元:日本折紙協会

日本折紙協会も「頭ができないので、折ってください」と明言しています。

折って頭を作らないと、どちらが頭でどちらが尾なのか分からなくなってしまいますね。

「首を折る」という言葉は縁起が悪いですが、「頭を作るため」ですので、首を折って頭を作っても問題はありません。

羽は広げる?閉じる?

羽は広げても、たたんだままでもOKです。

たたんだままの方がかさばらないので、シチュエーションによって使い分けましょう。

本当に千羽必要なの?

千羽鶴だからと言って、必ずしも千羽折らなくても大丈夫です。

「千=たくさん」という意味合いで、多くの鶴を折りあげる作業に込められた願いの強さが「千」という数として現れたものです。

お見舞いでは、「治る」と響きが似ている「700羽(折る)」が千羽より好まれるとも言われています。

まとめ

千羽鶴の色には「こうしてはいけない」というルールはありません。

しかし、あまり好まれない色である「黒・グレー・赤」は、マナーとして避けた方がよいでしょう。

最も大切なことは、一羽一羽に思いを込めて丁寧に折ることではないでしょうか。

ぜひ素敵な千羽鶴を作り上げて下さいね。




タップできる目次
閉じる