トースターが魚臭い!匂いをとる方法・臭さの消し方や魚を焼く時に臭いが残らないようにするやり方を紹介



パンだけでなく、魚を焼くときにも使用できるオーブントースター。

魚焼きグリルを使うよりもトースターを使って魚を焼く場合が多いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、一度魚を焼くとなかなか臭いが取れなくて困ってしまったという経験はありませんか?

本記事では、オーブントースターについた魚のイヤな臭いを簡単に取る方法や、魚を焼くときにトースターに臭いを残さないようにする方法について解説します。

タップできる目次

オーブントースターの魚の臭いをとる方法

「オーブントースターで魚を焼いた後、いくら拭いても魚の臭いが取れない!」というときにおすすめな「臭い消しテクニック」を3つご紹介します。

使用するのは、どこのご家庭にもきっとある身近なアイテムばかりなので、臭いが気になるという方は、ぜひお試しください。

レモンやオレンジの皮を使う

レモンやオレンジの皮に含まれているリモネンという精油成分には、消臭効果があります。

普段から口にする機会が多い身近な食材であるため、トースター内の消臭にも安全に使用することができ、おすすめです。

方法は、「レモンやオレンジの皮をトースターに入れて、焦げないように気を付けながら数分加熱するだけ。

加熱後は、しばらく扉を閉めたまま放置しておけば、柑橘の香りがトースター内を包み込んで、魚のイヤな臭いを取ってくれます。

皮だけでなく、切れ端や絞った後の残りくずはもちろん、レモン汁を耐熱容器に入れて加熱するのも同様の効果が得られます。

ちなみに、魚や玉ねぎなど、臭いが気になる食材を触った後に、レモンやオレンジの皮を使って手をこすると、手についた臭いが取れるというのも、こちらと同じ原理です。

茶殻やコーヒーカスを使う

お茶には抗菌効果や消臭効果が期待できるカテキンが含まれており、トースター内の消臭にも使えます。

方法は、「トースターに天板を敷き、茶殻を広げて焦げないように気を付けながら数分加熱するだけ。

加熱後は、しばらく扉を閉めたまま放置しておけば、お茶の香りがトースター内を包み込んで、魚のイヤな臭いを取ってくれます。

茶殻をそのまま天板に敷くことに抵抗がある方は、アルミホイルを敷いてもOK!

アルミホイルを敷いておけば、使用後そのまま捨てられるので、お掃除も簡単です。

お茶を飲んだあと、捨てるだけになってしまった茶殻にもう一仕事お願いするだけで、トースター内の臭いを簡単に消すことができるので、一石二鳥です。

茶殻の代わりにコーヒーカスを使用するのもおすすめです。

コーヒーカスには臭いを吸着する効果があるため、トースター内の消臭にもぴったりです。

お酢・クエン酸スプレーを使う

キッチン周りや浴室、トイレ掃除にも使えるクエン酸は、トースターの臭い消しとしても重宝します。

用意するのは、水200mlに対してクエン酸を小さじ1程度溶かしたクエン酸水です。

使用方法は、「クエン酸水を十分に浸したキッチンペーパーで、トースター内を拭くだけ。

濡れたままにしておくことが気になるという方は、その後乾いたタオルやキッチンペーパーで乾拭きをすればOKです。

エン酸水をスプレーボトルに入れて噴きかけて使用したり、クエン酸の代わりにお酢で代用したりすることも可能です。


クエン酸は100円ショップでも簡単に手に入れられるアイテムなので、一つ持っておくと、様々な場所の掃除にも使えて大変便利です。

トースター内を拭く際は、トースターが完全に冷めた状態であることを確認してから行ってください。

トースターを使用した直後は、トースター内が非常に高温になっており、火傷をする危険性がありますので、注意が必要です。

また、網やトレー(受け皿)など取り外せるものは取り外してから行う方が、作業がしやすいですよ。

オーブントースターで魚を焼く時に臭いが残らないようにする方法

オーブントースターについた魚の臭いを取る方法はわかったけれど、そもそも焼くときに臭いが残らないようにしたい!とお考えの方もいらっしゃいますよね。

そんなときにおすすめなのは、「魚と一緒にレモンを焼く」方法です。

トースター内の魚の臭いを取る方法として「レモンの皮を加熱する」とお伝えしましたが、実ははじめから魚と一緒にレモンを焼くことで、トースター内に魚の臭いが残りにくくなります。

一緒に焼いたレモンは、魚と一緒にお皿に盛りつけられるので、無駄にもならずにおすすめです。

レモンがお家にないという方は、魚をアルミホイルやクッキングシートに包んで調理するのもおすすめ。

臭いが全く残らなくなるとまではいきませんが、何もせずにそのまま焼くよりも臭いを軽減させることが可能です。

トースターに魚の臭いがつく一番の原因は、魚の油や汚れがトースター内に付着すること。

そのため、少しでも魚の油や汚れがトースター内に落ちないように心掛けることで、トースター内に臭いを残さないようにすることができます。

まとめ

火を使わずに簡単に調理する方法として、さまざまな料理シーンで活躍するオーブントースター。

魚の調理もできるので気軽に使いがちですが、消臭対策をうっかり忘れてしまい、そのままパンや他の食材を焼いたら、魚の臭いが移ってしまった…なんてことになったら悲しいですよね。

トースターについた魚の臭いは身近なアイテムで消臭することができますので、しっかりと対処するようにしましょう。






タップできる目次
閉じる